ORLAS PORTAL

レーザーマーキング新次元

3軸リニアアクチュエータによるマーキング、彫刻、レタリング

今すぐ詳細情報を取得:

dload文書のダウンロード

特徴

  • ビーム品質に優れるパルスファイバーレーザー(M2 <1.3)(オプションでショートパルスレーザーとして使用可能)
  • 全軸の移動を同期させて精度を最大化
  • 3Dジョイスティックによるユーザーフレンドリーセットアップ
  • ラベリングソフトによりすべての文字、オブジェクト、グラフィックス、ロゴ、バーコード、データマトリックスコードを表示可能。
  • すべての鋼材、非鉄金属をラベリング可能。セラミックスとガラス(特殊なレーザーマーキングスプレーで前処理)。
  • 高品質マーキング:耐磨耗、耐候、環境にやさしい
  • 非接触、低歪み処理
  • レタリングフィールド最大700 mm x 700 mm
  • 重量1000 kgまでのワークピースを処理
  • リニア軸の位置決め、反復精度:0.01 mm
  • リニア軸最大加速1 m/s2
  • 最大移動速度30 m/分
  • CAD /CAMソフトウェアORLAS SUITEに対応
  • 粉末供給装置および粉体ノズルに対応

高負荷用。最適結果。

OR Laserは、画期的マーキングレーザーを発表して以来、マーキング、彫刻、レタリングのスタンダードを確立しています。LPXレーザーはこのスタンダードにとどまりません。強力レーザー出力50 W、最大精度。考えられるあらゆるマーキング、彫刻タスクに対応する究極のソリューションです。最小スポット幅は、フォーカス状態で50 μm、パルスエネルギー最大1.5 mJ。        ダイナミックかつ精密なこのレーザー処理ステーションは、3軸リニアアクチュエータを備えています。

各軸は最大速度30 m/分で加速1 m/s2になります。花崗岩構造と、ポータル構造、位置センサーシステムが精度を最大にします。

すべてシンプル。すべて制御。

LPX Laser offen

カメラベースの調整機能があるため、準備から素材の処理までセットアップ時間を短縮できます。高解像度カメラシステムにより、コンポーネントの位置決めを最大精度で行え、作業量が少なくなります。ワークピースのレタリングではレイアウトを作成することもできます。ワークピースはリアルタイム表示。続く作業プロセスもリアルタイムでチェックできます。ソフトウェアパッケージの特徴は自動コンポーネント認識にあります。パレットに載らずにマーキング機に入るワークピースの位置は、ソフトによって認識されます。その後、正しい位置で自動的にレタリングが行われます。

1,000 kgでもLPXレーザーなら大丈夫。

LPX Laser offen

処理でき編集できる大型ワークピースまたはパレットに載ったワークピースは、重量1,000 kgまで、スペースは800 mm x 800 mm x 200 mmです。これを可能にするのは、リニアエンジン駆動のハイテクスキャニングヘッドと高精度3軸。軸は最大移動速度30 m/分で最大加速1 m/s2になります。ワークベンチは厚みのある花崗岩プレート。これにより、振動のない高精度処理を高速で行えます。        プラントの柔軟性をさらに高めるには、オプションの回転軸とロータリーテーブルを使用できます。OR LASERのすべてのクローズドレーザーシステムと同じく、最も厳格な安全規格に対応し、どのような屋内環境でも使用できます。

シームレス動作:インハウスハードウェア、ソフトウェア

LPX Laser displayシステムは、ORL aserが開発したマーキング・彫刻ソフトを介してコントロールします。機能の充実したこのソフトは、現在のプラントに求められる要件を満足します。表面仕上げ、後処理に理想的です。特にCADファイル、リスト、外部トリガー制御、テキストの直接入力、バーコード、データマトリックスコード、日付・時刻、直線/放射状/ポリリニアテキストに適します。たとえばAI、DXF、HPGL、BMP、JPGファイルのインポートも簡単です。        編集プロセスは高解像度カメラを使い、リアルタイムでフォローできます。統合自動コンポーネント認識により、"オンザフライマーキング"機能など多くの機能が改善され、その結果、効率を高め、コストを少なくすることができます。

オプション:ORLAS SUITEによる操作

ORLAS SuiteOR Laserの  ORLAS SUITE は、これまでにない新しいCAD/CAM環境で、レーザー処理のほぼすべての面…マーキング、彫刻、切断、溶接、クラッディング、パウダーベースアディティブ生産プロセスに対応します。

産業レーザー用途で、独自ファイルフォーマットをすべて読み取り、処理し、既存レーザーシステムをすべて制御する初めてかつ唯一の総合ソフトウェアです。

ORLAS SUITE は処理ストラテジーのサポートとプランニングに優れます。ソフトウェアはSTEP、IGESなど一般的3D CADファイルフォーマットのほとんどをサポートします。

これまでの溶接・マーキングタスクにも、パウダーベースのレーザークラッディングにも(多層デポジットにも)対応します。

技術データ

ワークスペース:

X軸600 mm Y軸600 mm Z軸380 mm

送り速度:

高速移動X/Y/Z 30/30/30 m/分

作業面:

マウントテーブル800 x 800 mm 最大コンポーネント高さ200 mm

レーザー
30 W30 W Short-pulse50 W50 W Short-pulse
レーザータイプFibre laserFibre laserFiber laserFiber laser
最大平均出力30 W30 W50 W50 W
Max. pulse energy1500 μJ650 μJ1500 μJ1500 μJ
ライン電圧 (V/Ph/Hz)230/1/50/16A230/1/50/16A230/1/50/16A230/1/50/16A
波長1067 nm1067 nm1067 nm1067 nm
ビーム品質M² < 1.3M² < 1.3M² < 1.3M² < 1.3
安定性< 2 %< 2 %< 2 %< 2 %
変調20-100 kHz35-500 kHz30-200 kHz35-500 kHz
パルス幅100 ns1-300 ns100 ns35-300 ns
ピーク出力15 kW40 kW15 kW40 kW
マーキング速度10,000 mm/s 550-1000 character(s)10,000 mm/s 550-1000 character(s)10,000 mm/s 550-1000 character(s)10,000 mm/s 550-1000 character(s)
最小ライン0,012 mrad0,012 mrad0,012 mrad0,012 mrad
位置解像度17.000 mm/s17.000 mm/s17.000 mm/s17.000 mm/s
消費電力3,5 kW3,5 kW3,5 kW3,5 kW
熱交換Air coolingAir coolingAir coolingAir cooling
Abmessung der Anlage (b/l/h)1160 mm x 1200 mm x 2200 mm1160 mm x 1200 mm x 2200 mm1160 mm x 1200 mm x 2200 mm1160 mm x 1200 mm x 2200 mm