RoLaP

溶接プロセスの自動化をお望みですか?

Robo Laser 07

当社レーザーロボットにお任せください。粉体を使用したロボット支援レーザー肉盛溶接。owder. 近年、ツール、金型の修復で、レーザーを使用した肉盛溶接が盛んになっています。 レーザーとロボットを組み合わせると自動溶接も可能です。充填材の肉盛溶接に関しては、複雑な形状を再生あるいは表面を正確に補正することも可能です。CAM システムの補助を受け、必要な CAD データがロボットに用意されます。 金属粉体はすべて充填材として処理できます。これらはコンポーネントに、レーザーに対して同軸に適用され溶融されます。

適用分野

 

  • 新規パーツの生産ではなくモデルチェンジ
  • 製造欠陥の補正
  • 射出成形ツール
  • 成形ツール
  • モーターの生産
  • メカニカルエンジニアリング
  • 鍛造ツール
  • ダイカストツール
  • 標準的な方法では修復できないパーツの修復・処理
  • 3D 形状の作成
  • 研磨面の修復
  • 磨耗パーツの復元