プラスチック産業

低コスト、高柔軟性

プラスチックエンジニアリングで処理プロセスに求められるのは、多様性。それは基本的に複合ファイバー材やポリマーの種類が増えており、生産に使用されているためです。プラスチックは特にレーザーを使用した溶接、切断、レタリングに適しています。

これらのメリットは従来の処理方法に比べてはっきりしています。用途も広く、回路盤の溶接、ボタンなどのレタリングなどの小型コンポーネントの処理からプラスチック製大型パネルの処理まで対応します。

 

溶接された飲料カップの断面
溶接された飲料カップの断面

プラスチック産業に適したレーザーシステム

We use cookies, with your consent, to personalize the Websites and to display customized advertisements here or on other sites.

To learn more about cookies and consent revocation options, click here.