レーザー溶接

レーザー溶接

レーザー溶接は、従来の溶接手順に比べてメリットが大きく、現在は多くの分野に用いられています。応用範囲は広く、点や面のレーザー溶接から、歯科や宝石の分野の10分の1ミリメートル単位まで、またツールの生産、修理、金型の製造から機械生産でのパイプやプロファイルの溶接までと多様です。

1: レーザービーム 2: ワーク 3: 溶接シーム


レーザー溶接

レーザー溶接は、素材の違いの大きい部品やその組み合わせを接合することができます。メリットは、熱を集中的に制御できること、接合部の強度が高いこと、溶接が深いこと、溶接幅が狭いこと、熱応力が小さいことなどです。レーザー溶接のプロセスは自動化でき、オンラインでモニターできます。

主なメリット

  • タイプや厚みの異なる素材の溶接
  • ピンポイントの精度、正確なエネルギー入力
  • 非接触フォースフリー処理
  • 素材に対する熱の影響が最小
  • 複雑な形状の溶接
  • 再加工時間を短縮
  • 高速自動化・溶接
  • モジュラー設計による柔軟性
  • 品質管理、処理データの文書化

 


レーザー溶接に適したレーザーシステム