レーザーデポジション溶接

レーザーデポジション溶接

修復や変更のため粉体とワイヤを使用するレーザーデポジション溶接

レーザーデポジション溶接は、表面の溶着を、ワークに素材を溶融し同時に溶着することによって行います。表面のアップグレードのために行われ、またコスト効果の観点から交換できない部品の修復や変更のため行われます。

粉末とレーザクラッディングのアプリケーションビデオ

完全に自動化されたアプリケーション

粉体を使用するレーザーデポジション溶接は、金属粉を溶かして素材に当て、これをワークの金属に接続します。産業用の場合、粉体を使用するレーザーデポジション溶接は、主に完全自動システムで行われます。フィラー金属としてワイヤやストリップを使用するレーザーデポジション溶接は、機能上、粉体を使用するプロセスに似ており、主に手動のレーザー溶接システムで行われます。

ワイヤで溶接レーザー堆積

1: レーザービーム 2: ワイヤ 3: ワーク 4: 適用域


 レーザクラッディングの実例

 


レーザーデポジション溶接に適したレーザーシステム

We use cookies, with your consent, to personalize the Websites and to display customized advertisements here or on other sites.

To learn more about cookies and consent revocation options, click here.