レーザーワイヤデポジション溶接

レーザーワイヤデポジション溶接

ワイヤを使用するレーザーデポジション溶接は、部品の修復や表面の機能化のため行われます。このプロセスは特にクリーンで経済的で、再加工は最小限で済みます。フィラー材としてさまざまな溶接ワイヤを使用できます。これにより同じタイプの素材を溶着するか、コーティングの条件に応じて機能層を形成することができます。このプロセスでは、レーザービームがワイヤと金属母材を溶かし、溶融部は永久的に接合し、小さいライズ部が残るまで再び固化します。個々の溶接部が正確に重なると、所望の形状が少しずつ溶着します。

1: レーザービーム 2: ワイヤ 3: ワーク 4: 適用域


ワイヤで溶接レーザビルドアップの図

 


ワイヤ使用レーザーデポジション溶接に適したレーザーシステム

We use cookies, with your consent, to personalize the Websites and to display customized advertisements here or on other sites.

To learn more about cookies and consent revocation options, click here.