粉体レーザーデポジション溶接

粉体レーザーデポジション溶接

修復、耐磨耗層、設計変更などの場合、粉体レーザーデポジション溶接は、あたかも1つの金型から形成されたかのように表面の質を高めます。粉体レーザーデポジション溶接は、フィラー金属粉をレーザーで部品に溶融します。穴やクラックがなく、混合もほとんどなく、熱影響部の小さい層が得られます。これにより部品の強度と負荷容量が増します。粉体レーザーデポジション溶接により、交換ではなく、修復することでコスト効果が高くなり、磨耗部品は、応力を受けたその部分を確実に新しくすることができ、時間の節約になります。素材のほかの部分に変形はなく、元の性質を保ちます。粉体レーザーデポジション溶接により、部品をすぐ処理に戻すことができます。

1: レーザービーム 2: 粉体 3: ワーク 4: 適用域


粉体レーザーデポジション溶接

 


粉体使用レーザーデポジション溶接に適したレーザーシステム

We use cookies, with your consent, to personalize the Websites and to display customized advertisements here or on other sites.

To learn more about cookies and consent revocation options, click here.