手動と自動のレーザーデポジション溶接の違い

手動レーザーデポジション溶接

このプロセスでは、溶接技術者が光学系を通して溶接するワークを確認し、フィラー金属を溶接部に手動でセットします。ほとんどの場合、フィラー金属は直径0.15~0.8 mmの細いワイヤです。最適な結果を得るため、溶接技術者は溶接方向と供給されるフィラー金属の質を直接、即座に変更します。手動レーザーデポジション溶接はパルスレーザーを頻繁に用います。

自動レーザーデポジション溶接

レーザー溶接の間、ワイヤまたは粉体のフィラー材の自動溶着が機械によって行われます。ワイヤのほかに金属粉体も使用できます。ハードウェアのほかに特別設計のソフトウェアが必要です。このソフトは、CAMデータをレーザー溶接システムに送り、ボリュームモデルの設定を可能にし、個々のコーティングレベルに応じて溶接パラメータを指定します。

ORレーザーは、Autoweld 5.0により、溶接の生産性を大幅に向上させる自動化プログラムを提供します。ワイヤや粉体の素材の自動溶着は、プログラミングなく設定でき、溶着レートは4倍から6倍になります。

 


手動/自動レーザーシステム

We use cookies, with your consent, to personalize the Websites and to display customized advertisements here or on other sites.

To learn more about cookies and consent revocation options, click here.