レーザー硬化

レーザー硬化

レーザー硬化は通常、磨耗しやすい部分を硬化させるために行います。この方法では、レーザーに照射される部分を局所硬化して不規則にすることができ、3次元ワークの特殊な処理も可能になります。不要な再加工や遅れがなくなります。また、ツールの一部だけを加熱すればいいので時間の節約になります。この境界層処理方法は、炭素を含む鋼や鋳鉄などの鉄製部品に用いられます。

素材は、レーザーでオーステナイト化温度以上に短時間加熱します。レーザービームをさらに移動させることで、周囲の素材が高温層を素早く冷却します。熱を素材の内部に導くことで、いわゆる自己凝固が生じます。急速冷却によって、きわめて強固な金属構造であるマルテンサイトが得られ、これにより硬度が増します。レーザー硬化では電力密度を比較的低くします。レーザー硬化する部分が小さければ、必要な硬化深さは短くなり、処理効率が向上します。レーザービームは、被照射面を出来るだけ大きくするように調整します。そのためスキャナー光学系も使用します。


 レーザ焼入れのためのイラスト

 


レーザー硬化に適したレーザーシステム

We use cookies, with your consent, to personalize the Websites and to display customized advertisements here or on other sites.

To learn more about cookies and consent revocation options, click here.