レーザーカッティング

レーザーカッティング

レーザーカッティングは、レーザーを使用し、さまざまな素材から成るパネルや本体の熱切削を行うプロセスです。複雑な3F形状、輪郭も素早く正確に形成できます。押し抜き、打ち抜きなどの従来のプロセスと異なり、小型部品、個別部品を経済的に、コスト効率よく作成できます。

CAD/CAMシステムは断面の仕様に対応するため、素材の使用率が高まります。切断精度が高いことも、他のカッティングプロセスにはないレーザーカッティングのメリットです。適切なレーザーを選べば、医療機器部品の数マイクロメートルのジョイントから厚みのある鋼板の切断まで可能です。レーザーカッティングはコンタクトフリー、フォースフリーなので、熱応力はレーザーエネルギーによって生じるだけです。一般に、切断端部はクリーンで、仕上げの必要がありません。

主なメリット:

  • • 材質や厚みの異なる素材の切断
  • • ピンポイントの精度、正確なエネルギー入力
  • • コンタクトフリー、フォースフリー処理
  • • 素材に対する熱の影響が最小
  • • 数マイクロメートルの切り口に対応
  • • 再加工時間を短縮
  • • 自動化、溶接が高速

 

1: レーザービーム 2: 切断ガス 3: ワーク 4: 溶融物


 レーザー切断のためのイラスト

 

レーザーカッティングは3つのプロセスに分けられます。

  • 溶融切断
  • 酸素切断
  • 昇華切断

レーザー切断に適したレーザーシステム