レーザープラスチック溶接

レーザープラスチック溶接

現在、レーザープラスチック溶接は多くの分野で接着溶接、超音波溶接など他の技術に取って代わりつつあります。現在のプラスチックの接合プロセスは、柔軟性が高く、粒子や溶剤がなく、表面に加工跡や破損のない、強度の高い接続部を形成します。レーザー転送溶接法によるプラスチックのレーザー溶接は、透過性接合部と吸収性接合部で2つの熱可塑性プラスチックを接合します。そのため、レーザービームは上部のレーザー透過部に照射され、下部のレーザー吸収部を一方の部品に溶融します。オーバーラップ溶接と呼ばれるこの方法では、粒子の剥脱がなく、部品の内側に溶接部が形成されます。つまり光学的に不透明な部品との溶接部はほとんど目に見えず、光学的に質が高くなります。レーザーによる局所熱入力は、部品に対する影響が最小になるので、電子部品の直近でも溶接部を形成できます。

レーザープラスチック溶接は次の4つのプロセスに対応します。

  • 輪郭溶接
  • マスク溶接
  • 準同時溶接
  • 同時溶接

1: レーザービーム 2: 透過プラスチック 3: 吸収プラスチック 4: 拡散ゾーン 5: 接合圧


レーザープラスチック溶接

 


レーザープラスチック溶接に適したレーザーシステム

We use cookies, with your consent, to personalize the Websites and to display customized advertisements here or on other sites.

To learn more about cookies and consent revocation options, click here.