レーザー溶接機

ORレーザーのレーザーワークステーション:ニーズに最適

レーザー溶接機は現在様々な分野に用いられ、高品質で効率的、経済的な接合プロセスを実現しています。レーザー溶接技術では、金属板、プラスチック、宝石、さらには建設部品まで接合できます。 

ORレーザーのレーザー溶接機器は、このような需要に応えながら、細かいカスタマイズにも対応。産業用途、製造用途に理想的です。当社カタログに記載のレーザー溶接機器には、10種類のシステムがあり、それぞれ特定産業のニーズに応えます。

レーザー溶接用途

激光焊接
レーザーワイヤデポジション溶接
粉体レーザーデポジション溶接
レーザープラスチック溶接

正確でコスト効果の高い生産プロセス

現在の溶接作業には強く、耐性の大きいジョイントが必要です。また、生産プロセスでは、光学的に支障のないジョイントが基幹要素として重要性を高めています。ORレーザーのレーザー溶接機は、大規模産業用途に必要な高精度、高効率を実現できます。製品は幅広く、組織の規模にかかわらず、ニーズに合ったレーザー溶接システムを見つけることができます。

ORレーザーのレーザー溶接機

ORレーザーは、金属溶接、プラスチック溶接を含め、品質に関する最大の要件をも満足するモバイルおよび固定式レーザー溶接ユニットを開発しています。小規模な組織やモバイルが必要な組織には、コンパクトでポータブルなEVO MOBILEが適しています。中規模の組織では、LRS EVOが小型から標準サイズのモールドに最適です。柔軟性を重視する場合、HTS MOBILEは、小規模から大規模まで様々なプロジェクトに対応するモバイルソリューションです。

マニュアルレーザー溶接のための例

 

ORレーザーのレーザー溶接機は、どのモデルでも最適品質を保証します。カタログ記載の溶接機はそれぞれ特定機能および汎用機能を備えます。 

たとえば、コンパクトモデル、PICCOLASERは、宝石職人、金細工職人、歯科医に理想的な小型モバイルユニットです。また、ジョイスティック、X/Y/Z軸のモーター移動、高パルスピーク出力など、精密設計モデルで使いやすい機能も備えています。多様性が必要な場合、ROBOLASERは当社製品ラインの中で最も柔軟性の高いモデルです。溶接、切削、硬化、クラッディングの各機能を耐久性と高精度で統合した多機能ユニットです。


OR Laserからのレーザ溶接機

We use cookies, with your consent, to personalize the Websites and to display customized advertisements here or on other sites.

To learn more about cookies and consent revocation options, click here.