DIODELINE - OR Laser

DIODELINE

ダイオードポンプレーザー

小型から中型の形状に適した画期的レーザー技術

今すぐ詳細情報を取得:

dload文書のダウンロード

15 x höhere Effizienz Keine Verschleißteile Keine Wasserkühlung

他の特徴

  • 20 % 以上の超高効率
    (電気から光へ)
  • ランプポンプ式 Nd:YAG レーザーに比べ消費電力が少ない
  • シンプルなコンセントがあればOK
    (230 V / 16 A / 1 相)
  • メンテナンスフリー
  • 長寿命ポンプダイオード
  • パルス、CW モードで動作可能
    (連続ライン)
  • 高品質・高安定ビーム
  • フレキシブルな小型レーザーヘッド
  • CAD / CAMソフトウェアORLAS SUITEに対応
  • 粉末供給装置および粉体ノズルに対応

ダイオードライン - ダイオードポンプレーザー

「ダイオードライン」というコンセプトで開発された OR レーザーは、ダイオードポンプレーザーシステムの採用によりレーザーによる母材処理の新次元を開きます。この新しいコンセプトは、従来のフラッシュランプポンプシステムにはなメリットがあります。ダイオードポンプレーザー

システムは、コンパクト設計と長寿命に加え、電力効率が15倍も高くなっています。これはコストを節約するだけでなく、環境保護の観点からも大きな前進です。高電圧電源は必要なくなります。このレーザーシステムには 230 V のコンセントがあれば十分です。磨耗パーツがないため、システムは事実上メンテナンスフリーで動作します。システムはさらにビーム品質に優れ、スポットサイズは 50 μm まで細かくなります。最も要件の厳しい溶接でも、このシステムなら問題ありません。OR レーザーのピーク出力は最大 3 kW (平均出力 300 W)、パルス長 0.1 ~ 100 Hz で 0.1 ~ 50 ms です。

従来のレーザー溶接との比較

比較 標準システム
(ND:YAG ランプポンプ)
ダイオードライン
(ダイオードポンプ)
平均出力(パルス) 最大 300 ワット 最大 300 W
平均出力(CW) -- 250 ワット
効率(電気 – 光学系) 約 3 % > 20 %
主電源接続 400 V / 16 A / 3 相 230 V / 16 A / 1 相
最大消費電力 15 kw 3 kW
最大パルス時間 20 ms 50 ms
最大パルス周波数 20 Hz 100 Hz

レンズの認識

レーザー溶接ヘッドの画期的設計により、焦点距離の異なる複数の集束レンズを使用できます。焦点距離は集束レンズごとに電気的にコーディングされます。溶接システムは、集束レンズが使用されているか自動的に認識し、実スポットサイズを制御システムに正確に表示します。スポットサイズは、使用レンズに応じて、電気機械式ビームエクスパンダを介してほぼ連続的に調整できます。

ビームの特性

レーザーシステムのビーム品質は、キーインディケーター、BPP(beam parameter product)で表され、基本的にはこれによりレーザービームの集束性能が決まります。したがって BPP 値が小さければ集束性能は高くなります。理論上の最小値は、波長 1064 nm で 0.339 mm x mrad です。当社レーザーの BPP 値は 1.4 mm x mrad から始まり、50 pm までの焦点サイズが得られます。

OEM モジュールとしてのダイオードライン

ダイオードライン OEM は、システム、生産ライン、作業場などでモジュールとして使用するものです。このモジュールは、シンプルなインタフェースを介してシステムにレーザーを統合する機械の製作者やインテグレータに適しています。モジュールはコンパクトでフレキシブルなので、さまざまな形で使用できます。このモジュールの外部コントローラを使用してレーザーを制御し、レーザーパラメータを設定・保存できます。外部制御システムとダイオードライン OEM モジュールの通信は、デジタルとアナログのインタフェースを介して行います。これにより、レーザー出力などの重要なパラメータは外部から指定でき、あるいは個々のレーザーパルスを設定することもできます。DIODE LINE as OEM Modul寸法:幅 440 mm x 高さ 161 mm x 長さ 600 mm、重量:ボックス 69 kg、レゾネータ 7 Kg(正味)

オプション:ORLAS SUITEによる操作

ORLAS SuiteOR Laserの  ORLAS SUITE は、これまでにない新しいCAD/CAM環境で、レーザー処理のほぼすべての面…マーキング、彫刻、切断、溶接、クラッディング、パウダーベースアディティブ生産プロセスに対応します。

産業レーザー用途で、独自ファイルフォーマットをすべて読み取り、処理し、既存レーザーシステムをすべて制御する初めてかつ唯一の総合ソフトウェアです。

ORLAS SUITE は処理ストラテジーのサポートとプランニングに優れます。ソフトウェアはSTEP、IGESなど一般的3D CADファイルフォーマットのほとんどをサポートします。

これまでの溶接・マーキングタスクにも、パウダーベースのレーザークラッディングにも(多層デポジットにも)対応します。

タッチスクリーン操作

10" タッチスクリーンにすべてのパラメータとオプションが表示され、ここで重要な設定を行え、設定は直接保存できます。保存されたデータにはいつでもアクセスできます。


設定例:

Setting Examples

システムコンポーネント

Components

幅広い分野ですぐに対応: LRS EVO ダイオードライン 医療

Implants for invasive transplantation侵襲的移植用インプラント

航空エンジニアリング

Engine components for aviation航空機などのエンジン部品

エレクトロニクス

Spot welding of a keyboardキーボードのスポット溶接

レーザー
Typ: 120 WTyp: 160 WTyp: 200 WTyp: 300 WTyp: 450 W
レーザータイプdiodengepumptdiodengepumptdiodengepumptdiodengepumptdiodengepumpt
最大平均出力120 W160 W200 W300 W450 W
Pulse peak power1,5 kW1,5 kW3 kW3 kW4,5 kW
Max. pulse energy15 J15 J30 J30 J45 J
パルス時間0,4 - 50 ms0,4 – 50 ms0,4 – 50 ms0,4 – 50 ms0,5 - 50 ms
パルス周波数1 – 100 Hz (100 Hz)1 – 100 Hz (100 Hz)1 – 100 Hz (100 Hz)1 – 100 Hz (100 Hz)0,1 - 100 Hz
焦点径0,05 – 2,0 mm0,05 – 2,0 mm0,05 – 2,0 mm0,05 – 2,0 mm0,05 - 2,00 mm
ライン電圧 (V/Ph/Hz)230/1/50230/1/50230/1/50230/1/50230/1/50
Lasersystem
  • 主電源(ヒューズを含む)
  • 主電源ブレーカー
  • 緊急停止スイッチ
  • モーターブレーカー
  • 24 V DC 低電圧電源
  • ハードウェアモニタリング機能とのインタフェース
  • フットスイッチを介した外部トリガーで出力、パルス時間、パルス反復周波数を調整・指示する産業用コントローラ
  • 冷却システム: 空冷
処理光学系
  • モーターによるビーム拡大
  • ビーム偏向
  • 保護眼鏡
  • LCD バイザー
  • バイノキュラー、倍率10倍
  • 集束レンズ
  • LED 照明
寸法、重量

寸法:幅 700 mm x 高さ 1350 mm x 長さ 1600 mm
重量:正味 160 kg

操作ユニット
  • 10" タッチスクリーンによる統合コントロール
  • ジョイスティックによる片手操作
  • 座標変換が簡単
  • フィード、レーザーのティーチイン、同期制御
  • パルス同期化でサークル、パスを制御
リニアシステム
  • Z 軸でベンチを指示・処理、モーター制御、ストローク: 220 mm
  • モータードリブン x/y 処理テーブル
  • 作業面 x = 500 mm y = 400 mm
  • 負荷容量 200 kg
  • ジョイスティック操作
  • レーザーの Z 軸ストローク: 200 mm
  • ソレノイドバルブを介して保護ガスを直接制御