アビエーション

でも、最高の素材の負荷に耐えられる溶接部

現在の空輸ではエンジンが重要です。これまでの航空産業で、輸送容量の大半はジェットエンジンが担っています。

エンジン組立の分野では生産手段としてレーザー技術も採用されています。レーザー切断、レーザー切削のほか、レーザー溶接も需要が増加しています。

効率的で信頼性が高く、軽量 - ハイテクエンジン組立での最新のハイテク材料、最新の生産方法が非常に複雑な駆動系の生産を可能にしています。

レーザー技術は、これまでかなりの期間、ジェットエンジンの生産に用いられていますが、これはレーザーによる溶接ジョイントが母材の最大負荷に耐えるからです。

航空産業 は、重量軽減のため繊維強化複合材料のほかに軽量合金(アルミニウムやチタンの合金など)を使用する傾向があります。

特にエンジンの熱くなる部分(チタン合金には温度が高すぎる部分)には重いニッケル合金(超合金)が用いられます。このために開発される合金は高温耐性と酸化耐性が特徴です。

このメリットには、延性を保つ際に素材が割れる恐れと、ごく小さいゾーンが熱の影響を受ける恐れがあります。

タービンステーターやローターブレードは、熱負荷、化学負荷、動的負荷が最大になり、温度は 1400℃ にもなります。

レーザーでは、腐食や熱疲労により破損したパーツを新品同様にすることができます。

レーザーによる修理のメリットはクラックの恐れが少ないまま可塑性を維持でき、構造歪みが最小になり、加熱部が非常に小さくなることにあります。

イラスト航空業界
母材の最大負荷に耐える溶接ジョイント(継ぎ手)
Test eines Triebwerks
Test eines Triebwerks
Triebwerk
Triebwerk

航空産業に適したレーザーシステム

We use cookies, with your consent, to personalize the Websites and to display customized advertisements here or on other sites.

To learn more about cookies and consent revocation options, click here.