積層造形 - OR Laser

OR Laser パウダーノズル

パウダーベースレーザークラッディング

今すぐ詳細情報を取得:

dload文書のダウンロード

特徴

  • アディティブ生産
  • ワークの修理/最適化
  • ワークの移動方向に依存しないパウダー適用
  • バヨネットマウントによりクラッディングヘッドを素早く変更
  • 保護ガラスカートリッジ交換可能
  • 衝突防止機能

パウダークラッディングで生産プロセスをサポート

レーザークラッディングとパウダーフィードストックは、あらゆる種類のワークを修理/最適化する最先端のアプローチです。これは特に大きな面の処理、多層デポジション(アディティブ生産)に用います。パウダーデポジション溶接:自動車サプライア向けモールドの修理

パウダーデポジション溶接:自動車サプライア向けモールドの修理

レーザービームがパウダーとともに基板を溶かし、得られた溶融プールがワークに被着します。

これにより孔やクラックのない表面が得られます。選ぶ素材の性質によっては、ワークの腐食、摩耗を防ぐ上で非常に効果的です。

DIODELINE ファミリー全レーザーシステム対応

OR Laser 調査研究部門と Fraunhofer Institute が協力し、DIODELINE ファミリーを対象に効率的で取り付けやすいパウダーノズルを開発しました。ワイヤとパウダー両方によるクラッディングが可能な初めてのシステム。効率は通常の10倍です。

パウダーノズルとレーザーの同軸構成により、基板の移動方向とは無関係に素材を被着。信頼性の高いプロセスを保証します。

3Dプリンティング(アディティブ生産)にも適します。金属パウダーの同軸フィードは、ワークに対して量を調整しやすく、どの方向でも効率よく追加できます。

高速クランピングシステムで時間を節約

OR Laser のパウダーノズルは、DIODELINE ファミリーのどのシステムにもすぐ取り付けられる画期的クイック交換システムを採用しています。コンパクト設計です。クイック交換システムはすべての入力に対して最適化されているので、ツール交換後にノズルを再調整する必要がありません。

クイック交換システムはまた、ワイヤフィードの簡単な作業をマニュアルで行えます。必要なら、パウダーノズルを取り付け直し、大きな表面の自動コーティングが行えます。

一体型衝突防止機能は、ビームが問題になる状況でレンズが破損するリスクをなくします。

オプション:ORLAS SUITEによる操作

ORLAS SuiteOR Laserの  ORLAS SUITE は、これまでにない新しいCAD/CAM環境で、レーザー処理のほぼすべての面…マーキング、彫刻、切断、溶接、クラッディング、パウダーベースアディティブ生産プロセスに対応します。

産業レーザー用途で、独自ファイルフォーマットをすべて読み取り、処理し、既存レーザーシステムをすべて制御する初めてかつ唯一の総合ソフトウェアです。

ORLAS SUITE は処理ストラテジーのサポートとプランニングに優れます。ソフトウェアはSTEP、IGESなど一般的3D CADファイルフォーマットのほとんどをサポートします。

これまでの溶接・マーキングタスクにも、パウダーベースのレーザークラッディングにも(多層デポジットにも)対応します。

レーザー
Lasersystem
  • Brennweite der Fokussierlinse: 200 mm
  • Pulverqualität: geeignet für Körnungen bis 125 μm
  • Medienversorgung: zentral
  • Pulverwirkungsgrad: > 80%
  • Auftragsrate: über 5mm/s