レーザーの構築

レーザーの基本コンポーネントは外部のエネルギーソース、アンプ媒体、レゾネータです。Nd:YAG 結晶などの媒体が、光子が常に“誘導放出をトリガーするように”2つのミラー間に配置されると、これは光学レゾネータと呼ばれます。外部エネルギーの供給はポンピングともいいます。その場合、エネルギーは、フラッシュランプなど高容量サーマル光源の集中放射により供給されます。

レーザー媒体

固体(Nd:YAG、ルビー結晶、半導体など)だけでなくガス(二酸化炭素、窒素、ヘリウムネオン混合金属蒸気)や液体(有機顔料分子溶液)もレーザー媒体として用いられます。レーザー放射の波長はその特別なエネルギーレベルによって決まります。

レーザー媒体はレゾネータにあり、2つの平坦なミラーまたは曲面のミラー間にあります。光子はミラー間を行ったり来たりする結果、媒体で光が連続的に放出され、生成されたビームが増幅されます。これにより定常波が形成されます。これが形成されるのは波形が反射されそれ自体と重なる時です。これにより波形が停止しているような印象が生じます。2つのミラーの一方は反射率100%、もう一方は約98%です。これにより生成される定常波は一部存在します。

既存のレーザービームの強度は数ミリワットから数メガワットです。

減速としてレーザービームは2つのタイプに分けられます。“パルスレーザー” と“連続波レーザー”です。連続波レーザーは連続ビームを放出し、パルスレーザーは数ミリ秒以下の光フラッシュの形の光エネルギーを放出します。

We use cookies, with your consent, to personalize the Websites and to display customized advertisements here or on other sites.

To learn more about cookies and consent revocation options, click here.