CNC レーザー

プロトタイプ、シリーズのシステム支援生産CNC レーザーの CNC は “Computerized Numerical Control、コンピュータ数値制御” あるいはシステム支援レーザー制御を意味します。プロトタイプの生産および大量生産では、レーザー作業にシステム制御が欠かせません。 当社は、機械のアセンブリから歯科技術、宝石の製作まで、さまざまな分野に対応する高品位ソリューションを用意しています。

OR レーザーのレーザーシステムは通常3つのコンポーネントから成っています。制御ユニット、LSP レーザーソース、およびレーザー処理ユニットです。レーザーソースでは、レーザーユニット、電源装置、水冷システムによってレーザービームが生成されます。このビームは最大 80 m の長さの光ファイバーケーブルを介して処理ユニットに届きます。処理ユニットは、プログラムされたアクションの実行に必要な情報を制御ユニットから受信します。アクションは溶接作業、あるいはレタリング、彫刻などです。 金属の溶接に必要な電流はいくつかの要因によって異なります。レーザービームには、母材の反射光を高め、導電性を高めるため多くの電力が必要です。ビームの直径や透過深さも所要エネルギーに影響を与えます。 レーザーマーキング、レタリングは、溶接作業とは対照的に、金属からプラスチックまで、木材からセラミックスまで、ほぼあらゆる母材で行えます。

メリット一覧:

  • レーザープロトタイプから連続生産へ
  • 機械のアセンブリ、宝石製作などのための高品位レーザーソリューション
  • レーザーマーキング、レーザーレタリングはほぼあらゆる母材で行えます

OR レーザーシステムについてのご質問などは電話または電子メールでお寄せください。

喜んでアドバイスします。CNC レーザーについても、当社の長年の経験を生かすことができます。

 


CNC制御に適したレーザーシステム