レーザーデポジション溶接 – レーザー技術によりコスト効率が良く、作業が精密

レーザーデポジション溶接では、溶融と同時に充填材を付着することによって母材にデポジション(被覆)が行われます。

幅広い応用分野

このプロセスの用途は、表面仕上げ、交換では高コストになるコンポーネントの低コスト修復です。原則として、レーザーデポジション溶接には、金属粉体とともに完全自動機器が用いられ、手動操作のできる機器でワイヤやストリップを使用した加工が行われます。

OR レーザーはこれからも装置の開発を続けます。モバイルレーザーか据置型レーザーユニットかにかかわらず、画期的な最新製品を提供します。 業種を絞ったソリューションレーザー技術はさまざまな業種で幅広く用いられ、メカニカルエンジニアリング、自動車業界、また歯科技術、宝石製作にも利用されています。

メリット一覧:

  • レーザープロトタイプから連続生産へ
  • 機械の生産、宝石製作などのための高品位レーザーソリューション
  • レーザーマーキング、レーザーレタリングはほぼあらゆる母材で行えます

工場に必要なものがある場合は当社にお問い合わせください。当社の機器について説明し、ニーズに最適なソリューションを見つけます。電話(ホットライン)またはホームページ左側の電子メールフォームをご利用いただけます。ご連絡をお待ちしています。

OR レーザー – 画期的ハイテク機器によるレーザーデポジション溶接。


レーザーデポジション溶接に適したレーザーシステム