レーザーディープ彫刻 – 機械的プロセスよりはるかに優れています

レーザーディープ彫刻は専門性の高い手順です。母材に指定深さのマーキングが作られます。結果は機械的彫刻によく似ています。

ただしレーザープロセスはメリットが多く、個々の用途で興味深い結果を期待できます。優れた結果を得るための最適な機器が、OR レーザーで見つかります。

レーザーディープ彫刻では、母材がレーザーにより層状に削られます。半径わずか数ミリメートルのコーナーが作られます – 機械的手段ではこれだけでも不可能です。

レーザーのもう1つのメリットは、特に硬度の高い母材も、ツールの磨耗なく処理できることです。 幅広い用途があります。たとえば、スポーツウォッチのベゼルによっては深く彫られたタキメータースケールがありますが、このプロセスは金属金型やインプラントにも用いられます。

レタリングや彫刻の作業に関して、OR レーザーは所定の要件に合わせた製品を用意しています。マグベーシスは、すでにレーザーシステムを持っている企業に向きます。ベーシスレーザーユニットは既存の生産環境と問題なく統合できます。

メリット一覧:

  • レーザープロトタイプから連続生産へ
  • 機械のアセンブリ、宝石製作などのための高品位レーザーソリューション
  • レーザーマーキング、レーザーレタリングはほぼあらゆる母材で行えます


マグボックスは最大重量 10 kg のコンポーネントの処理に最適です。このレーザーユニットは、マグビッグボックスと同様、ほかに安全処置を講じることなくあらゆるエリアで使用できます。ただし後者は、最大 115 kg とかなり重い母材の処理に適しています。

OR レーザー製品 – レーザーディープ彫刻で最適な結果を。


レーザーディープ-彫刻に適したレーザーシステム

We use cookies, with your consent, to personalize the Websites and to display customized advertisements here or on other sites.

To learn more about cookies and consent revocation options, click here.