レーザーレタリングは従来の方法を大きく凌駕します

レーザーレタリングはほぼあらゆる母材で可能です。金属、ガラス、プラスチック、セラミックスの別なく、マーキングを施すのに技術的な制限はほとんどありません。テキスタイルでも、高エネルギーの光ビームにはかないません。

ジーンズ業界はこれにより、不健康なサンドブラストを行うことなく中古感を出しています。 レーザーによるマーキングやレタリングは、消費者製品、産業用製品の生産に欠かせなくなっています。平らな面だけでなく丸い面でも良好な結果が得られます。可動物についてはオン・ザ・フライのマーキングも可能です。 レーザーレタリングは、フレキシブルなシステム支援制御により、素早く行え、個別に自動化できます。適用されるマーキングは、ほぼあらゆる形で、考えられるあらゆるコンテンツで、技術的に実現できます。

OR レーザーでは、効果的なレタリングを行うため数タイプの製品を開発しています。マグベーシスは、すでにレーザーシステムを持っている企業に特に適しています。既存システムに簡単に統合できます。

メリット一覧:

  • レーザープロトタイプから連続生産へ
  • 機械のアセンブリ、宝石製作などのための高品位レーザーソリューション
  • レーザーマーキング、レーザーレタリングはほぼあらゆる母材で行えます

レーザーユニットのモデルはこのほか、マグボックス、マグビッグボックスがあります。前者は最大 10 kg の母材を処理できます。ビッグボックスは最大重量 115 kg とかなり重いコンポーネントを対象にしています。

 


レーザーレタリングに適したレーザーシステム

We use cookies, with your consent, to personalize the Websites and to display customized advertisements here or on other sites.

To learn more about cookies and consent revocation options, click here.